動 画
 
【魅惑の大地】
 作詞/作曲/演奏:村上リサ
 東京を去り、北の大地で生きていくことを選んだ青年の物語です!
 
 
 
【Malia(魅惑)
 作曲:フランチェスコ・パオロ・トスティ  
 作詞:ロッコ・エマヌエレ・パッリアーラ
 歌唱:村上リサ
 
この「Malia」という曲は、人名の「Maria」ではなく、魅惑という曲名で知られています。美しい女性を賛美する、青年の情熱が込められた、可愛らしいイタリアの曲です。 何十年かぶりに、歌ってみました。
 
 
 
【エオリアンの雨】〜今は亡き父に捧げます!〜
 
作詞/作曲/演奏:村上リサ
 
2月23日(土)父が他界いたしました。
若い頃は確執もありましたが、晩年は和解して、温かい日常を徐々に取り戻していました。(詳細はYouTubeの動画説明欄に書いています。)
せめて、音楽が大好きだった父へ、この曲を捧げます!
 
 
 
 
 
 
【伴奏者の想い出】
 
作詞/作曲/演奏:村上リサ
宮古島に移住された、大変お世話になりました伴奏者の中上香代子さんへのオマージュを込めて作詞・作曲し、献呈させていただきました。
 
 
 
 
【星の降る夜は】
 作詞/作曲/演奏:村上リサ
昨年末(令和2年末)から、コロナウイルス感染者が激増していますね。 お正月には、帰省を自粛せざるを得ませんでした。 去年のお正月以降一度も故郷に帰れず、残念でした。 去年の帰省を懐かしく思い出します。 寒い夜空に星がたくさん流れていました。 そんな星空を見つめながら、イメージして作った曲です。
 
 
 
 
【ゴッドファーザー愛のテーマ】
 映画音楽の名曲で、尾崎紀世彦さんの歌で有名ですね。
 ちょっと、音が小さめで、映像とズレが出てしまいました。
 
 
 
 
【青春の旅立ち】
 若いうちなら、一度ぐらいさすらいの旅に出よう!一文無しで帰っても、それはおそらく無駄ではない。(こちらは音声と写真です。)
 
 
 
【カルーゾ】
 喉頭癌に倒れた、伝説のオペラ歌手「エンリーコ・カルーソー」の晩年をテーマにした曲で、死を前にして、最愛の娘との惜別と諦観を歌い上げる、ルチオ・ダッラの名曲に後藤啓子氏の訳詞が付いています。  
          
 
 
 【鏡の中のつばめ】
 夕暮れの海に、つばめの群れを眺めながら、若き日を回想する、リベルタンゴでも有名な、「タンゴの革命児」、アストル・ピアソラの名曲です。 
           
 
  
【 ジプシーの恋歌】
 ムスタキの名曲です。たっぷり目に歌ってみました。 
           
 
 
 【八月のパリ】
 儚く崩れたひと夏の恋を歌う、アズナブールの代表作の一つです。デビューして5ヶ月目の新人時代で、クラシック歌手時代の名残が色濃く出ていてます。
 自分で聴くのも恥ずかしいですが、ここから、歌い方の工夫・改善が始まりました。今でも、益々、改善・進化中のリサの歌にどうぞご期待下さいませ。